運営ブログ


2018年、受講生受賞の朗報でスタート

2018-01-16

2018年はうれしいニュースから始まる山村教室です。

受講生の赤神諒さんが、長編歴史小説「義と愛と」で≪第9回日経小説大賞≫を受賞されました。
おめでとうございますっ!!!

赤神さんの今後のご活躍をお祈り申し上げます。

授賞作(改題して出版)も大好評みたいですね!

 

そして、OG作家の美輪和音さんから、新刊発売のご報告も頂きました。
「捕食」(創元推理文庫)

教室で学ばれた作家の方々からご活躍の報告や、受賞・出版の知らせを頂くと、とてもうれしいものです。
受講生として、励みになります。
プロデビューを目指す私塾として歴史の長い山村教室ですから、数多くのOBOG作家がおられます。

詳しくはホームページトップ画面にアイコンが出る、

名誉塾長・森村誠一先生の文

「名誉塾長から皆さんへ」

をご参照くださいませ。


受講生受賞のお知らせ

2017-06-23

* 幹事の運営ブログ *
教室の吉報でございます。

山村教室受講生の白尾悠さんが新潮社の「第16回女による女のためのR―18文学賞」の大賞と読者賞をダブル受賞されました。
受賞作「アクロス・ザ・ユニバース」『小説新潮』5月号にも掲載されました。

おめでとうございます! 
そして、白尾さんの今後の活躍を期待しております!


今月の新刊―ハルキ文庫

2016-05-18

* 幹事の運営ブログ *
harukibunko_books201605_web

角川春樹事務所様の「ハルキ文庫」、今月の新刊は山村教室ゆかりの人気作家の先生方が勢ぞろい!

新刊タイトルは:
森村誠一 「新選組剣客伝」
上田秀人 「金の価値―日雇い浪人生活録(1)」
七尾与史 「ティファニーで昼食を―ランチ刑事の事件簿」
土橋章宏 「引っ越し大名三千里」
成田名璃子「ハレのヒ食堂の朝ごはん」

素晴らしいことです! ありがたく拝読させていただきます。


「上田秀人先生の著作100冊突破を祝う会」レポート

2016-05-14

* 幹事の運営ブログ *
chinzansoflowers2

先日、「上田秀人先生の著作100冊突破を祝う会」という催しがあり、運営スタッフが潜入させていただきました。
上田秀人先生は山村教室のOBで、時代小説と歴史小説を中心に書かれている人気作家です。
(デビューは1997年、小説CLUB新人賞佳作「身代わり吉右衛門」)
大坂在住の先生ですが、ご多忙を極める中、教室にもよく講義にいらしてくださいます。

ホテルのバンケットルームで行われた「祝う会」の発起人には、日本を代表する大手出版社の社長様のお名前がズラリ。
会場に入ると先生の著書が発行年順に陳列されており、最初の本が出たのが2001年。約15年間で100冊を超えられたそうですが、本が整然と並ぶテーブルを、とても長く感じました。
どの本にもユニークな主人公とそれを取り巻く人たちのドラマがあって、それぞれの世界の中で独自に進んでいく100冊。
100冊分の世界を生んで世に送り出すって、神様に近い仕事だよなぁとしみじみ。
史実を基にした時代物であっても、隅々までユニークな世界であることは上田先生の小説を読むとよく分かります。ただ一つの世界が続々と創造されていき、そこに魅了される読者が増えていく……全く素晴らしいことですね!
出版社のトップに続き、先生のお身内や関係各位も登壇されてスピーチ。とても立派な「祝う会」は、終始温かい雰囲気で進む和やかな会でもありました。

上田先生、おめでとうございます。
これからもどうかバリバリと書き続けていってくださいまし。
そして引き続き、山村教室になお一層のご指導のほどお願い申し上げます。


運営ブログーーデビュー作出版情報

2016-02-27

* 幹事の運営ブログ *

山村教室受講生、角埜杞真(かどの こま)さんのデビュー作「トーキョー下町ゴールドクラッシュ!」(メディアワークス文庫)が発売されました。
“第22回電撃小説大賞<大賞>受賞作”の金色帯がまばゆいです。
帯裏には脳科学者・茂木健一郎氏の推薦文付き!
tokyoshitamachi_kadonokoma


ご本を1冊紹介したところで、そう言えば昨年末あたりからここ最近までのOBOG作家の出版情報をこのブログにも出しておきます。
↓「トイプー警察犬メグレ」(講談社タイガ)七尾与史さん
megure_web
↓「ヴィヴィアンの読書会」(PHP文庫)七尾与史さん
vivian_web
↓「ウィメンズマラソン」(ハルキ文庫)坂井希久子さん
womensmarathon_web2
↓「天国の一歩前」(幻冬舎) 土橋章宏さん
tengokunoippomae
↓「超高速! 参勤交代 老中の逆襲」(講談社) 土橋章宏さん
sankin2_dobashi_web
↓「不動産男子のワケあり物件」(メディアワークス文庫) 成田名璃子さん
fudosan_narita
↓「アンソロジー 捨てる」(文藝春秋) 松村比呂美さん、新津きよみ先生
suteru_web
↓「寝取られ妻」(竹書房ラブロマン文庫)川奈まり子さん
netorarezuma_web
などなどがございました。


これがこの冬(2015年11月頃~2016年2月)幹事がご報告を受け本を入手し、写真を撮ったものですが、実はまだまだ他にも紹介しきれていないOGOB作家の方々も多数おられます。
教室でご指導もしていただいている上田秀人先生や篠田節子先生、新津きよみ先生、鈴木輝一郎先生などもOGOB作家でいらっしゃり、新刊を続々と出されておられます。


なので、受講生になってから書店に行くと、
(あっ! 先生の本、見つけた! すごい平積み、しかも一番目立つ場所にある~!)
とか、
(おおっ! ここにもまた山村教室の人の新刊がっ! うわ~、買わなくては!)
などということばかりで、かなりのライヴ感が味わえますよ!
――と書くと、かなり怪しく感じるかもしれませんが、内心でつぶやいているだけで書店では声を出してはいないので、ご安心ください。
念のため(苦笑)。
山村教室出身者の小説で、わが家の書棚は埋め尽くされつつありますよ。   

« 古い投稿
Copyright© 2012 山村正夫記念小説講座 All Rights Reserved.