山内美樹子

青森県生まれ。神奈川大学法学部卒業。日本公認会計士協会等経理関係の仕事に携わりながら、執筆活動を始める。2005年、短編「十六夜華泥棒」で第3回北区内田康夫ミステリー文学賞審査員特別賞を受賞し、『鍵屋お仙見立絵解き 十六夜華泥棒』(光文社文庫)で文庫デビュー。『鍵屋お仙見立絵解き 善知鳥伝説闇小町』(光文社文庫)などがある。


Copyright© 2012 山村正夫記念小説講座 All Rights Reserved.