気づけば7月も後半戦です。

仕事を溜め込んでいたせいで、5月半ばから一気に時空を吹っ飛んできた感覚です。

夏になっていたんですね……。

そんなわけでまたもや更新が間遠になっていたこのブログ。

お久しぶりですお元気ですか。

暑中お見舞い申し上げます。

 さて、少しばかりお知らせを。

本の情報誌「新刊ニュース」にて、新連載「虹猫喫茶店」がはじまりました。

 現在発売中の8月号には、「猫の世話をするだけの簡単なお仕事・前編」が掲載されております。

 コーヒーの香りと猫のかわいらしさであざとくウケを狙いにいこうと思ったのに、全然かわいいお話にならなかった……。

 ですが、面白いお話にはなっていると思います。

 猫と美人と大学生と婆さんが出てくる話です。

 また、著者インタビューも載せていただきました。

 Web版で一部が読めるみたいです。

 http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031.html

 興味を持たれた方は、ぜひぜひご購読お願いいたします。

 ちなみにこの連載、2015年1月号まで続く予定です。

坂井希久子に興味のあるYouはもう、定期購読しちゃいなYO☆

 

それからただいま発売中の特選小説9月号にも、拙作「砂漠のラクダ」が掲載されております。

「虹猫~」とは一味も二味も違う、官能作品でございます。

エロ切ないですが、ええ話ですよ。

エロと切なさは、切っても切り離せない関係だと思っております。

エロスと切なさと心強さです。

「職業旅人」の大滝に翻弄されてきたヒデリちゃんのお話。

ご一読くださいませ。

コメント & トラックバック

「砂漠のラクダ」拝読しました。
最後の一捻りに、ホロッとしました。
いつもながら、楽しませてもらいました。
暑かったり、ゲリラ豪雨だったりの毎日。
どうぞご自愛ください。

>kazuさん
いつもありがとうございます。
素直になれなかった男女が8年の時を経て、ようやく真っ直ぐに向き合ってくれました。
不器用モンですね。
もっとも私の小説、不器用モンしか出て来ない……。
秋に出る予定の長編も不器用モンの祭典なので、どうぞお楽しみに。

コメントする

坂井希久子

2008年オール讀物新人賞受賞。小説家の端くれのそのまた端くれ。
翼広げて大空にはばたくぞ! と言いつつ、まだたまごには「ひび」くらいしか入っておりません。
それでも、小説が好き。あと、着物も好き。
どちらも奥が深いことでございます。
死ぬまでには、真髄にちょこっとばかし触れたいな。

アーカイブ