先日、久しぶりにお化粧をしたら「そのファンデーション、色合ってないんじゃない?」と言われました。

「首のほうが白い」

そう、あまりにも外に出ていないので、日焼けしてないんですよね……。

夏の暑さは尾を引きつつも、夏本番は終わった感があります。

さよなら、夏よ。

そうやって引きこもりつつ書いた作品、「ヒーローインタビュー」も来月末には本になる予定です。

またしつこく宣伝させていただきます。

さて、今回は。

野性時代9月号

  短編「女の子の成長を喜ぶ日」が掲載されております。

 以前掲載された「一年で今日だけ主役の日」の続編ですが、

 短編連作なので前のを読んでいなくてもなんとなく分かるはず。

 美人だけどBL好きでいろいろこじらせちゃってるお姉ちゃんが主人公です。

 エキセントリックなお母さんも登場。

 家族もののお話です。

 

 

それから、新刊ニュース9月号

 連載小説「虹猫喫茶店」第一話、

 「猫の世話をするだけの簡単なお仕事 後編」が掲載されております。

 こちらは猫にまつわる人情もの(のつもり)。

 猫屋敷のおばあちゃんが、猫をそこまで増やしてしまった理由とは?

 

 

夏の疲れが出てくるころですから、休日はのんびり読書などいかがですか?

コメント & トラックバック

コメント遅くなりましたが、野生時代も 8月号に掲載された虹猫喫茶店第一話も 素晴らしかったです。9月からの新刊ニュース、年間購読申し込んだことでした。
「ヒーローインタビュー」楽しみに待ってます。

コメントする

坂井希久子

2008年オール讀物新人賞受賞。小説家の端くれのそのまた端くれ。
翼広げて大空にはばたくぞ! と言いつつ、まだたまごには「ひび」くらいしか入っておりません。
それでも、小説が好き。あと、着物も好き。
どちらも奥が深いことでございます。
死ぬまでには、真髄にちょこっとばかし触れたいな。

アーカイブ