これまでさんざんツイッターなどで「ヒーローインタビュー、ヒーロインタビュー」と言うてきましたが、

いよいよ、今週末!

31日搬入ですので、もしかしたら首都圏ならその日に(確証はない)、

そうじゃなくても11月1日に本屋さんに並びます!

 見本も手元に届きまして、なんだかほら素敵でしょう。

 帯が黒×黄の阪神カラー。

 しかも北上次郎さん!

 「ランティエ12月号」に書評を書いていただきました。

 ほんっとうにありがとうございます!

 前から言っているように、阪神の代打男が主人公。

 しかし彼視点の物語ではなく、

 彼の周りの人間へのインタビュー形式でお話は進んでゆきます。

代打男に思いを寄せる訳あり女性、

阪神のスカウトマン、

チームメイトのドラ1ルーキー、

中日のベテランピッチャー、

高校時代の友人、

そしてもう一人――。

野球小説というよりも、人間ドラマのつもりです。

Q.そう言われても私、野球を知らないし、まったく興味もないんですが。

A.私も書く前はそういう人でした。だから「野球知らなくても面白い」を常に意識して書いてます。大丈夫です!

Q.阪神ファンってわけでもないし……。

A.中日の某ベテランピッチャーをモデルにしたキャラクターもいるので、

 中日ファンにも楽しんでいただけるかと。

 てゆうか、どこのファンでも楽しんでいただけると思います。いやマジで。

Q.昔、同名の映画がありましたよね。

A.鈴木保奈美さんと真田広之さんが主演ですね。筆者も友人に指摘されて思い出しました。

 当然ながら、まったく関連性はありません。

Q.でもやっぱり私、野球より恋愛が好きっていうか。

A.はいはい、入ってる入ってる。

 恋愛小説でも青春小説でも家族小説でもあるから。

 詰め込んどいたから。

 一粒で味が変わる飴みたいに楽しめるはずだから。

 いいから読んで!

コメント & トラックバック

昨日の仕事帰りに本屋さんに寄ったら、既に積まれてましたよ。
早速購入させて頂きました!
これから読ませて頂きます。楽しみ~♪

お返事遅くなってすみませんー。
楽しんでいただけたでしょうか。
いい出会いであったことを切に願います。

コメントする

坂井希久子

2008年オール讀物新人賞受賞。小説家の端くれのそのまた端くれ。
翼広げて大空にはばたくぞ! と言いつつ、まだたまごには「ひび」くらいしか入っておりません。
それでも、小説が好き。あと、着物も好き。
どちらも奥が深いことでございます。
死ぬまでには、真髄にちょこっとばかし触れたいな。

アーカイブ