教室出身作家


七尾与史

1969年静岡県生まれ。

第8回『このミステリーがすごい!』大賞隠し玉として、『死亡フラグが立ちました!』(宝島社文庫)で2010年7月にデビュー。

著書に『失踪トロピカル』(徳間文庫)、『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』『ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件』『ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件』(すべて幻冬舎)、『山手線探偵 まわる各駅停車と消えたチワワの謎』『山手線探偵2 まわる各駅停車と消えた初恋の謎』『山手線探偵3 まわる各駅停車と消えた妖精の謎』(すべてポプラ社文庫)、『沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち』(廣済堂出版)、『殺戮ガール』『死亡フラグが立ちました! カレーde人類滅亡!? 殺人事件』『死亡フラグが立つ前に』(すべて宝島社文庫)、『バリ3探偵 圏内ちゃん』(新潮文庫)などがある。


中村柊斗

東京都生まれ。

成蹊大学中退後、自ら劇団を立ち上げ、脚本・演出・俳優をこなす。

劇団解散後は劇作家としてジャパンアクションクラブ(現ジャパンアクションエンタープライス)に作品を提供。

2010年に『夢幻の如く』(廣済堂出版)でデビュー。

著書に『奇跡の如く』(廣済堂出版)、『最後の贈り物』(双葉社)、『アオギリにたくして』(徳間文庫)などがある。
なお、『アオギリにたくして』は脚本、監督も手掛け映画化。


成田名璃子

青森県出身。東京外国語大学仏語学科卒業。

2012年「やまびこのいる窓」で、第18回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞。

著書に『月だけが、私のしていることを見おろしていた。(受賞作改題)』、『悩み相談、ときどき、謎解き?~占い師ミス・アンジェリカのいる街角』『悩み相談、ときどき、謎解き?2~占い師ミス・アンジェリカの消えた街角』のシリーズ、さらに『ベンチオォーマーズ』(すべてメディアワークス文庫)がある。作家として活動する傍ら、フリーのコピーライターも兼業中。


川奈まり子

東京都生まれ。女子美術短大卒業後、出版社デザイン室勤務。

フリーライターを経て31歳でAV界にスカウトされる。結婚を機にAV界を引退。

2011年『義母の艶香』(双葉社)で長編官能デビュー。

著書に『人妻、洗います』『熟れ酔い美人』『未亡人喫茶』『僕の兄嫁さん 人妻鑑賞会』(すべて双葉文庫)、『禁蜜―義母と叔母とぼく』『とろめきデパート』(ともに竹書房ラブロマンス)、『甘く匂う』(廣済堂文庫)などの官能小説と、ホラー短編集の『赤い地獄』(廣済堂文庫)がある。


土橋章宏

1969年大阪府豊中市生まれ。

関西大学工学部を卒業後、エンジニアとして日立製作所に勤務。2000年退社。

2009年「スマイリング」で函館港イルミナシオン映画祭 第13回シナリオ大賞グランプリ受賞。同年「海煙」で第13回伊豆文学賞優秀作品賞受賞。

2011年「緋色のアーティクル」で第3回TBS連ドラ・シナリオ大賞入選。
同年『超高速! 参勤交代』で第37回城戸賞を受賞。
著書に『超高速! 参勤交代』(講談社)があり、2014年夏に映画化された。
近著は『幕末マラソン侍』(角川春樹事務所)、『ライツ・オン! 明治灯台プロジェクト』(筑摩書房)。


美輪和音(みわ かずね)

東京都出身。青山学院大学文学部卒。
大良美波子名義で、ホラー映画『着信アリ』シリーズの脚本も手がけた後、
2010年「強欲な羊」で第7回ミステリーズ! 新人賞を受賞。

著書に『強欲な羊』(東京創元社)、『ハナカマキリの祈り』(東京創元社)、『8番目のマリア』(角川ホラー文庫)がある。


伊吹有喜(いぶき・ゆき)

三重県生まれ。中央大学法学部卒。
08年『風待ちのひと』(『夏の終わりのトラヴィアータ』改題)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。
著書に『風待ちのひと』『なでし子物語』、映画化された『四十九日のレシピ』(すべてポプラ社)、『ミッドナイト・バス』(文藝春秋)がある。


中島久枝

東京都生まれ。学習院大学文学部哲学科卒業。
絵本の出版社、編集プロダクションなどを経て、フードライターとして活躍。
第3回ポプラ社小説新人賞特別賞を受賞。受賞作が『日乃出が走る 浜風屋菓子話』(ポプラ文庫)として2014年6月に出版される。


針とら

千葉県出身。第1回角川つばさ文庫小説賞一般部門の最終候補作に残るものの、惜しくも落選。2014年5月に『めざせ! 東大お笑い学部① 天才ツッコミ少女、登場!?』(角川つばさ文庫)でデビュー。①』、人気アンソロジー『おもしろい話、集めました。②』(角川つばさ文庫)にも短編収録。


Copyright© 2012 山村正夫記念小説講座 All Rights Reserved.